[2019年9月20日] CT研究を続けるコツ(得意分野を作ろう)

第109回TCTT主催講義

「CT研究を続けるコツ(得意分野を作ろう)」

【日  時】

令和元年9月20日(金)19時00分~20時00分

【募集期間】

平成28年8月1日~8月31日

【場  所】

東京逓信病院 管理棟5F 小講堂

〒102-8798  東京都千代田区富士見2-14-23

 
【講  師】

藤田医科大学医療科学部放射線学科

准教授 辻岡 勝美 先生

【参加条件】

診療放射線技師


【募集人数】

30名

【講演内容】

現在、CT研究にはいろいろな分野があります。撮影技術、造影技術、画像評価、被ばく管理・・・。また、それぞれはCT装置やCT技術で細分化されます。多くが興味ある内容で、「あれも面白い、これも面白い」と思っている人が多いと思います。では、自分について考えると、「何が得意なんだろう」と感じることもあるでしょう。

自分の研究が医療の役に立つには・・・・

私の個人的な意見ですが、「広く浅くより、狭くても深く」がよいかと思います。

深くやっていれば、自然に広くなるものです。

以前、私の指導した学生を例にとって見てみると、「おまえはサブトラクションに重点を置いて研究を進めろ」「おまえは静脈造影を重点に置いて研究を進めろ」などと専門分野を指定して指導しました。

現在、サブトラクションはDual Energy CT、Photon counting CTの基礎技術でありますし、静脈造影は低コントラスト検出が重要問題となっています。他の研究に目が行きそうですが、「自分の研究はこれだ」という方向が決まれば、他の研究を参考にして自分の研究のネタにもなります。

今回、現在のCT研究の状況と、「今、進めるべき研究」についてお話したいと思います。

(辻岡 勝美)


【参加料金】

500円

【企画担当】 

東京逓信病院 放射線科

齊藤 謙一

参加のお申し込みは以下のフォームへご入力ください。
懇親会に参加を希望される方はコメント欄に記載をお願いいたします。

性別

施設名 (必須)

都道府県

電話番号

旧メールアドレス:メールアドレスの変更希望の方は旧アドレスを必ずご記入ください