Tokyo CT Technology Seminar

Login
ID:
PASS:
 
Admin Login
PASS:
 

[TCTT主催講義] Revolution CT gemstone spectral imaging (GSI)の使用経験

東京都済生会中央病院  河内 康志

 2017年10月6日(金)に、第90回TCTT主催講義「Revolution CT gemstone spectral imaging (GSI)の使用経験」が東京都済生会中央病院にて開催されました。前回に引き続き、メーカーの最新技術として今回はGEの新たに進化した「Revolution CT GSI」について5月より実際に使用している慶應義塾大学病院の山崎彰久先生にご講義いただきました。

 まず、最初に今回のバージョンアップにより新しく追加された機能について紹介していただきました。また、他メーカーの機種を含め、dual energy CTの撮影方式の特長についても説明していただきました。

 本題のRevolution CTのdual energy撮影について以前より使用している750HDとの比較も交えながら解説していただきました。特に最新の再構成ユニットを使用していることで再構成時間が大幅に短縮できるようになり、ワークフローの観点からはルーチン検査に取り入れても全く問題にならないとのことでした。

また、Revolution CTの特徴の一つである3Dコリメーターにおける散乱線除去効果の向上やエネルギー分解能の改善により、750HDより密度測定の精度や実効原子番号の精度が向上したことを、ファントムデータを使用して解説していただきました。

 次に実際の臨床画像を撮影プロトコールと一緒に説明していただきました。特に造影剤減量した際の低keV画像(仮想単色X線画像)は、臨床現場でとても有用だと感じました。

 また、良い点だけではなく、今後、改善が必要と思われるAECについても説明していただきました。

 Revolution CTは、今後も多くのバージョンアップが予定されているが、最初の大きなバージョンアップとして、このGSIはとても臨床診断に有用な機能であることが分かりました。

最後に、ご多忙の中、ご講演いただきました山崎先生、開場提供および設営にご協力いただきました済生会中央病院のスタッフの皆さまに深く感謝申し上げます。


image_5b72af39ba247