Tokyo CT Technology Seminar

Login
ID:
PASS:
 
Admin Login
PASS:
 

[TCTT主催講義] 次世代CT技術の最前線を知る〜立位型CT装置について〜

【日  時】
平成31年4月25日(木)19時00分〜20時00分

【募集期間】
平成31年3月1日〜3月31日

【場  所】
慶應義塾大学病院 1号館1F カンファレンスルーム
〒160-8582  東京都新宿区信濃町35

【講  師】
慶應義塾大学医学部リサーチパーク 放射線診断科研究室 
山田 稔 先生

【参加条件】
診療放射線技師

【募集人数】
30名

【講演内容】【目  的】 
 1998年にマルチスライスCTが登場し、2000年代には開発競争による多様化と、急速な進歩がCT装置にもたらされました。近年は主にイメージング技術の発展が中心であった中、昨年JRCで発表された立位型CT装置の話題は、これまでの開発系統とは視点が異なり、非常にセンセーショナルでした。重力という要素が加わったCT装置が、画像診断領域に今後どのようなインパクトを与えていくのか。研究の最前線をお話いただきます(三浦 茂樹)。

【参加料金】
500円

【企画担当】 
慶應義塾大学病院 放射線技術室
三浦 茂樹

*会の終了後、懇親会を開催します.参加希望者は入力画面コメント欄に「懇親会参加」とご記入ください。

応募は終了しました。ありがとうございました。


image_5ceab19fcbeb5